History

マウントレーニア 誕生の物語

日本で生まれて、ずっと親しまれ続けてきたマウントレーニア。その誕生は、1990年代初頭にまでさかのぼります。

90年代はじめ、アメリカの都市・シアトルから、森永乳業がひとつのコーヒー文化を日本へと紹介しました。それは、エスプレッソにミルクをたっぷり加えた「カフェラテ」。
エスプレッソのほどよい苦味とミルクのやさしさがリフレッシュと安らぎをもたらしてくれる、全く新しいコーヒーでした。

続きを読む

当時のシアトルでは、コーヒーを街中や図書館に併設されたショップで買って持ち歩きながら飲む、というスタイルが主流。一方その頃の日本では、コーヒーといえば自宅や喫茶店などで座って飲むものでした。

そんな中、1993年に森永乳業から生まれた「マウントレーニア カフェラッテ」は、持ち歩いて飲めるスタイルと、カフェラテのフレッシュなおいしさで、人々の目にとても新鮮に映りました。
こうしてマウントレーニアは、今では私たちの生活にも馴染み深いチルドカップコーヒーのパイオニアとなったのです。

商品には、“マウントレーニア“の名前がつけられました。
それは、レーニア山(マウントレーニア)がカフェラテ発祥の地・シアトルの象徴であること、そして都会の中に顔をのぞかせる山が、そこに住む人々の安らぎのシンボルであったことに由来しています。
そんなマウントレーニアも、日本に生まれて25年以上の歳月が経ちました。
今でも、毎日にふっと安らげるひとときをもたらし、人々を満ち足りた気持ちにしてくれる存在として、広く愛され続けています。

Instagram

PAGETOP